リンク 施設案内 交通アクセス ホーム

【5月13日】新型コロナウイルス感染症対策のための寄付について

広島競輪場からのお知らせです。

お知らせ 2020年05月29日

32

日本競輪選手会広島支部および広島市営競輪参加選手らが新型コロナウイルス対策として広島市に寄付。

5月13日、日本競輪選手会広島支部(安田光義支部長)から、新型コロナウイルス感染症対策支援として、
広島市に20万円の寄付を行いました。
また、5月7日から9日に広島市営競輪に参加した選手ら有志一同からも一人1,000円ずつ、計54,000円が新型コロナウイルス対策へ役立ててほしいと広島市に寄付されました。
競輪事業は、戦後から現在まで、その収益の一部を財政に寄付してまいりました。しかし、この度の新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受け、全国各地で競輪開催中止が相次いでおります。
広島競輪においても、2月末から場外発売が中止となり、本場開催については無観客とし、ガイドラインに基づいた厳戒な衛生管理対策の下で開催を行っております。

~ 日本競輪選手会広島支部からのコメント~
「競輪が開催されているおかげで、我々もレースに参加できる。新型コロナウイルス感染症の最前線で奮闘する医療従事者の皆様に対する感謝の気持ちを込めて寄付を決めました。」

 

 

トップページへ戻る

Copyright © 2017 ひろしまけいりん All Rights Reserved.